次は、キミを狙う

基本→応用と順調にクリアできている。
そろそろ次を決めなければならない時期にきた。

春の情報処理試験。
締め切りはもうすぐそこだ。

応用までは一本道だから迷う必要はない。

これから先は、レベル4の高度試験。
選択科目が一気に増える。

春の実施予定でも5種類。
その中で受けれる科目は、ひとつでだけ。

とはいえ、仕事と学業を両立させている身。
あんまりチャレンジャーなことをして失敗するわけにはいかない。

そんなの時間がもったいない。

手持ちの武器で射程範囲内。

データベーススペシャリストなんてどうだろう。

うん。これにする。

追記

今、学んでいるものはまだ血となり骨とはなっていない。
次の楽しみに取っておく。待っていろ。

ナンバー1を目指さないとオンリー1にもなれない。

スパコンのお話を聞く。

前半の高速化の手法なんてのは、
並列化時の考え方にそのまま使えるかもしれない。

また後でまとめなおそう。

台風の発生メカニズムなんてことを
シミュレーションして延々と解析しているそうだ。

よく、赤道で温められた空気が云々というが
アレを計算でつくる。

進路の予測とか、台風一過のあとに何がおこるかとか。
シムアースを本気でやっているのか。ふむ。

世界地図に広がる演算結果をみると、
地球もひとつのシステムなんだと思う。

スケールの大きさに触れた一日。

PMBOKは戦略ではなくて戦術。

そして、戦略の失敗は戦術では取り返せない。

最初から、負け戦なのはわかっている。
それを他人のせいにしてはいけない。

人のせいにするのは誰にでもできること。

無能な人間の部下にしかなれないのなら
そいつはもっと無能に違いない。

指揮官を無能だと罵る前に
自分が前に立つことを考えたい。

お金持ちの法則

小飼弾を読む。

「安くてよいもの」はみんなの総意
ならば、「安くてよいもの」を提供できる人がお金持ちのなるのは必然の理。

プロジェクトX

好きだし、とても熱い番組だとは思う。
だけど、プロジェクトの視点から見直してみよう。

プロジェクトとは、有期性と独自性を持つ。
簡単に言い直すと限られた時間と資源。ヒト、モノ、カネの中で
いかに優れた成果を残すか?ということが問われるわけだ。

で、優秀なプロジェクトマネージャーはヒト、モノ、カネに余裕を持たせる。
プロジェクトが成功しても、結果が赤字であったり、関係者が病んでしまっては失敗だ。

メンバーが頑張るのはすばらしいことだ。
だけど、その頑張りは常軌を逸してはならない。

無茶をさせたのは誰か?どういう戦略的意図があってムリをさせたのか?

国敗れて山河ありというが、その逆。
建国という偉業の裏には無数の屍があるのだろう。

残業、それはスケジュールの失敗。
「定時後の頑張り」は見積もりには入れてはいけない。

TOIEC受けます。

発音を激しく練習中
文法を激しく復習中
単語を激しく暗記中

平均点ぐらいは本能でなんとかしようと思う

応用力があります

本日は、合格発表日。

http://www.jitec.ipa.go.jp/

午前 63.75
午後 69.00

100点満点は目指さない主義なので、
合格ラインちょい上はコストパフォーマンス的にベストな成績。

一緒に受けていた友も共に合格。

基本情報技術者から応用情報技術者にレベルアップです。
おめでとう。ありがとう。

取り替えさせてもよかったのかも。

シメイブルーが売っていたのでうれしくなってまとめ買い。
レジのお姉さんがビンを寝かせてバーコードを通していたので、
やめてと言ったら困惑していた。

いや、ラベルに寝かすなとハッキリ書いてあるし。帰ったらそっこーで飲みたかったし。

統計学

システムからみた場合。標本、サンプルという考え方は必要ない。
母集団からから推定はしなくてよい。母集団そのものを対象にできるから。

アクセスログの解析ってすべてのアクセスデータが対象じゃん。

初めて、人から頼まれて文章を書いた。
初めて、文章を書いてお金をもらった。

http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/special/daigakuin/01.html

なんか、うれしい。