プロジェクトX

好きだし、とても熱い番組だとは思う。
だけど、プロジェクトの視点から見直してみよう。

プロジェクトとは、有期性と独自性を持つ。
簡単に言い直すと限られた時間と資源。ヒト、モノ、カネの中で
いかに優れた成果を残すか?ということが問われるわけだ。

で、優秀なプロジェクトマネージャーはヒト、モノ、カネに余裕を持たせる。
プロジェクトが成功しても、結果が赤字であったり、関係者が病んでしまっては失敗だ。

メンバーが頑張るのはすばらしいことだ。
だけど、その頑張りは常軌を逸してはならない。

無茶をさせたのは誰か?どういう戦略的意図があってムリをさせたのか?

国敗れて山河ありというが、その逆。
建国という偉業の裏には無数の屍があるのだろう。

残業、それはスケジュールの失敗。
「定時後の頑張り」は見積もりには入れてはいけない。

コメントをどうぞ。

TrackBack URI :