アイディアの拡散と収束

妄想というのはどこまでも広がる。どれだけ広がるかはその人のポテンシャルで決まる。アイディアはとことん出し切る。素材みたいなものかもしれない。その素材をどう料理するか、みたいな次元で考えたらよさそうだ。

ひとつやふたつのアイディアは誰にだってだせる。100、200になるまで出し尽くす。

広がった妄想をどこまで現実に落としこめるか。ということなのかもしれない。

アイディアを出しているときは出すことだけに集中する。途中で料理をはじめてはいけない。料理は料理で専念する。ポイントはそれぞれのパートを独立させること。

コメントをどうぞ。

TrackBack URI :