想像の限界

ネットワークの伝送制御についてだ。多重化とか変調の話を聞く。
知ってはいるけどなじみのないキーワード。うん、苦手だ。

頭の中で想像しなくちゃイケナイのはわかっている。メモリの内部構造とかポインタのあたりならだいたいはイメージできる。が、ネットワークがらみになるとどうも、うまく絵が書けない。

たいてい、ネットワークはすでに存在してあって使うだけのことが多い。ある意味、わたしがお客さんだ。たまに不通があってもping飛ばして、担当者に連絡、終了というパターンがおおかった。

だいたい、ネットワーク機器、高いし。
でも、仮想化が進行すればウチらでもバンバンと触る機会がでてくるかもしれない。覚えておくなら今のうちだ。

コメントをどうぞ。

TrackBack URI :