『シニアの読書生活』鷲田小彌太

読書万歳みたいな論調はどうでもよくって、計画読書というはアリかも。基本、乱読ベースでネットサーフィンするみたいに本を読んでいるが、今年はこの人みたいな追いかけかたをしてもよいのかもしれない。特に小説とか。

そういえば、毎年、今年はこのプログラミング言語と自分で決めて勉強する友がいることを思い出した。

コメントをどうぞ。

TrackBack URI :