はがねのつるぎ

某所で繰り広げているコラム用に作ってみる。
しばらく触ってないだけに、ショートカットも何もかもすっかり忘れてるし。。。

ken.jpg

反射映えするように幅広ブレード仕様。反射こそCGだ。

おいしいポイントがあるハズだけど、レンダするまでぜんぜん見えてこない。
プロは頭の中で予想できるものなのでしょうか。

勉強とは何ぞや?

暗記です。
ひたすら暗記です。

8:2ぐらいで暗記と訓練でしょうか。

でも、睡眠学習は寝不足になるのでやめたほうがよいです。

10kgの壁

半年で10キロの減量。
順調に右肩下がり。

だったはずがこの1ヵ月ほど体重・体脂肪率ともに変動なし。
どうやらホメオスタシスが正常に働いてくれているようである。

キープできているという話もあるが、
リバウンドが怖くて運動を止めれません。

盗んだバイクは走り出さない

10余年、我が靴となり、足となって働いてくれた
黒い稲妻号(原付50cc)を廃車することにした。

あちこち修理したがついにエンジンが動かなくなったからだ。

しばらく、納屋に片付けておいたのだが
次の休日にバイク屋に引き取ってもらおうと表に出して準備していた日の夜。

時間にしてホンの数時間。
停めていた場所にあるべきモノがない。

やられた。パクられてる。

ヘコむ。

しかしである。
エンジンが壊れていることを盗んだヤツは知らない。
15の夜は行き先が分からないどころかスタートすることさえ許さない。

努力せず人のものを奪うやつに自由なんてあるものか。
そのまま動かないバイクに縛られていてくれ。

ロックのかかった重いバイクをバレない所に運び
無理やり直結させようとした不届き者に
我が愛車は沈黙で答えたのだろう。

健気なバイクである。

後日談。
警察から近くの駐車場に放置されてあったとの連絡。

壊された鍵穴が痛々しいが
無事に廃車手続きも完了しお別れを済ませる。

合掌。

終わりとはじまりのあいだに

ウチらの仕事はプロジェクトという単位で動いている。
プロジェクトごとにチームを組んで仕事して終われば解散。

大工さんの仕事が家を完成させたら終わるように
ソフトウェアが完成すれば終わり

長いと2、3年ぐらい。ひとつのプロジェクトにかかわることもあるが
3ヶ月とか半年ぐらいで終了する場合もある。

渡り鳥システムと名づけようと思ったが
あいつらは場所が決まってるから少し違う。

根無し草システム
フラフラしていそうでヤだ。

流浪人システム
人斬り抜刀斎じゃん。

永遠の旅人システム
永遠の17才か。

落ち着いて考えれば
安定していないという点ではフリーターと変わらないのかもしれない。

途切れることなく仕事が続くのも単なる幸運?

ワーキングプアだのネットカフェ難民だの
一歩間違えればそっちの世界へ直行するリスクを抱えつつ
それでも仕事を選べる贅沢には感謝しよう。

今日からは新しいプロジェクトだ。