脳を活かす勉強法

クオリアで有名な茂木さんの勉強法です。

強化学習の回路を作るということですが
勉強に脳内麻薬であるドーパミンを利用するというお話

勉強が楽しいと思えばドーパミンが溢れる
ドーパミンが溢れるから勉強が楽しい。

この繰り返しによって
脳を暴走させようというのがねらいです。

勉強に喜びを見出したら
あとは何もしなくても大丈夫。

一回でもこのサイクルを回せたら
放置しても加速してくると言います。

ハッカー用語に「ブレーキが壊れている人」
という表現がありますがまさにこの状態で、
エンジンが回りすぎるとブレーキがまったく効きません。

それでも事故を起こさないから不思議です。

具体例は最近の勉強法の本と
あまり大差がないので知らなかったことを
補完しておけばよいでしょう。

いくつかピックアップすると

「ものすごく忙しく仕事をしている」を
「ものすごく忙しく勉強をしている」に発想を変える。

その前に勉強が好きになっている必要がありますね。

もちろん仕事が大好きな人には関係ありませんが
好きな仕事の中にも嫌いはあるので、そんなときに使います。

無意味に思える中にも
何かしら学べるものがあるという態度にも繋がります。

朝はアウトプットを行う。

脳科学から見ても正しいようですが
その前に早起きの習慣を作らないといけません

没入感というキーワード。

集中を言い換えたわけですが
もう少し具体的なようで

作業と一体になる感覚。

と言っています。
禅の境地に近いものかもしれません。

これだけたくさんの本が簡単に読めて
インターネットからタダで情報が手に入る世の中。

学びには終わりがないという意見で締めくくりです。

脳を活かす勉強法
脳を活かす勉強法 茂木 健一郎

PHP研究所 2007-12-04
売り上げランキング : 110

おすすめ平均 star
star面白かったけどなぁ…
starたまにはこういう本もアリでは?
star使えば使うほど

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントをどうぞ。

TrackBack URI :