「わからない」という方法

「わかる」はそのプロセスです。

「わからない」→「わかる」→「わかった」

物事を理解するということはこのパターンだそうで
スタート地点は「わからない」

間違えてスタートを「わかる」から始めると
プロセスは「わからない」となり、挫折しがちです。

膨大な「わかる」の積み重ねが「わかった」であると。
すでに「わかった」状態なら理解のプロセスは不要でしょう。

プロセスなので「わからない」が長く続くこともありますが
「わからない」からこそやる価値があるのだと思います。

ふりかえると「わかる」よりも「わかったつもり」が多い状態です。
「わかったつもり」を「わかる」に変えるためにはひたすら繰り返すのみ。

中途半端に覚えているテクニック。
いざという時に出てこないコマンド。

たくさんの「わかったつもり」が
自分をいつまでも成長させていない原因なのだと痛感しました。

基礎を覚えるまでが初心者
中級者は基礎を繰り返して洗練させる。
段階をへて開ける上級者の世界。

できないという前にさっさと基礎を身につけておきます。

「わからない」という方法 (集英社新書)
「わからない」という方法 (集英社新書) 橋本 治

集英社 2001-04
売り上げランキング : 11044

おすすめ平均 star
star頭がよすぎる人
star20世紀病
starくどい。しかし・・・

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントをどうぞ。

TrackBack URI :