知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテスト

たまにはきっちりと技術系の本も読んでおかないと
自分がエンジニアだということを忘れてしまいそうです。

さらっと読むつもりでしたが
意外と時間を取られてしまいました。

それだけテストを舐めていたのかもしれません。

最近、よく言われるユーザビリティテストというのも
テストフェーズ全体から見ればごくごく一部のテストです。

完成品が見えてくるとよく突っ込まれますので注意していますが
指摘されるまで気づかないというのも
ユーザビリティの特徴ではあります。

テスト手法と運用について網羅的に抑えてあります。
コレを読んでおけば、明日からさっそく

「同値分割法と境界値分析法の観点から
テストケースのマトリックスを作っといて」

後輩のエンジニアにさらっと
仕事を振るときに使えるかもしれません。

テストの自動化に対する考察が秀逸で

自動化に向くテスト・向かないテスト
テスト自体のメンテナンスコストやトレーニングコストなど

なぜ自動化が失敗するのかについてうなずくところ多々ありました。

なんたらUnitを導入する前に一考して欲しいと思います。

自動化の全否定はしませんよ。
ユニットレベルのテストとかバグ習性後のテストとかラクだし。

知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテスト
知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテスト 高橋 寿一

翔泳社 2005-02-18
売り上げランキング : 13127

おすすめ平均 star
star現場の目で見た正直な視点が親しみやすい
star実際にテストを行う人へ
star始めに目を通しておきたい本

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントをどうぞ。

TrackBack URI :