iPhoneショック

iPodという製品は生活を変えた。
その勢いにiPhoneにも乗っかっていくのでしょうか。

ケータイビジネスの仕組みは作ってさあどうなる?

という感じです。

本書はそんなことよりも
アップルの(ジョブスの?)哲学らしきものを感じさせてくれました。

ユビキタスがどうだとか
モバイルがどうだとか

少し前はそんなキーワードが飛び交っていました。

対してアップルはというと

デジタルハブ
デジタルライフスタイル

というキーワードを考えているようです。

デジタル製品に囲まれた生活。

その中心にパソコンが存在すると。

ケータイやデジカメに代表されるデジタル家電ですが

画面が小さい、キーボードやマウスがない。
CPUやメモリが低スペック。

などの問題を根本に抱えており、
補完するためのツールとして
パソコンの存在意義があるというお話です。

なるほどiPodはiPod単体では成立しません。
iTunesというソフトがあって成立する
ひとつの環境、システムであります。

ブラウザ以外のTCP/IPベースのソフトウェア

というのは、最近注目しているジャンルです。

デジタル家電の中心であるパソコン同士もまた
ひとつのハブとなり世界をつなげていくのでしょう。

そういった未来を感じさせる製品を作るのが
アップルの恐ろしいところではあります。

話は変わってデザインのこと。

斬新とかそういう次元を超えてきちんと
世界感を提示しているのがすばらしいです。

初めてiPodを買ったときのワクワク感。
箱を開いて中身を取り出す。

軽く充電して、再生ボタンを押す。

ここまでの流れが儀式のように
デザインとして成立しているように思います。

ここまでコンセプトがしっかりしていると

サードパーティのアクセサリもブレることなく
きちんとiPodのアクセサリとして世界観を補強してくれます。

デザインがどうだ。
ユーザビリティがどうだ

と考えるならここまでトコトン考え尽くすべきなのでしょう。

iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり
iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり 林 信行

日経BP社 2007-12-13
売り上げランキング : 4451

おすすめ平均 star
stariPhoneとアップルに関して余すところ無く書いてある
star物欲の強い人は読まないほうがいいかも(笑)
starアップルの総合デザイン戦略がわかった!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントをどうぞ。

TrackBack URI :